----Valentine & Eve----

各種写真はクリックすると別ウィンドウで開きます。
写真は部分的に不明瞭です。ご容赦下さい。


2004.2.13~14 at Tensei


文:石黒 写真:坂・神座
 HP作ってる石黒です。本番当日にレポート係になりました…ライブレポートって事で文章は柔らかめにいこうと思います。
 2005年になって初のステージを迎えました。
 依頼は昨年のクリスマスに続き湘南熊澤酒蔵 蔵元創作料理「天青」さんからです。
 出演はSax.春日偉宏、Tb.神座康人、Pf.Key.石本岳、Ba.坂直樹、Dr.石黒将也にサポートプレーヤーとしてHWEの鳥取慶子さん(Pf.,Key.)を招いての最大6名での編成となりました。なかなか多いですね。
 また今回はその時テスト前だったBtb.の大川にサポートとして色々手伝ってもらいました。忙しいのにすみません。
 今回のSax.はAlt,Tenor、Tb.はTenor,TenorBassの二本を携えて参加です。Tb.の神座は先日Tenorを購入したばかりです…お金は大丈夫なのでしょうか。稼げよ!以上。
やる気に溢れています
新楽器登場
あ”ー!
 毎回のごとく練習は茅ヶ崎北陵高校で行いました。使わせていただいてありがとうございます>HWE顧問の丸山先生

 13日は午後からの演奏となるので、お店のランチとディナーの入れ替わりの時間に楽器類搬入。
 クリスマスの時と同様に音量に気を使いながら最後の合わせを行います。
今回は配置換え
真顔
鳥取さん。とりとりじゃないですよ
 やはり管楽器は生音です…しかもお店の中は予想外に響きます。譜面台を反射板代わりに使って、直接音が飛んでいかないように工夫をこらします。
 今回はスローな曲が多かったので、皆かなり慎重な演奏です。いや、別に速い曲だから手を抜いてるってわけじゃないです…タッチですね、タッチ。
 季節的にも寒かったので練習も手があったまるように念入りに…
二人編成
いい構図だ…(酔
人数増加!
 いつしか本番一発目。いつもながら最初ってのは凄い緊張です。震えで足のバスドラムがもたれます。本当にすいません。
 落ち着いて曲をこなしていくと少しずつ足が本来の感覚を取り戻し…なんとか終わった…
 目の前にいらしたお客さんがクリスマス、オクトーバーフェストでも演奏を聴いて下さった方で、拍手をいただくと心がなごみました。感謝感謝です。
照明変化!
格子の外から1
格子の外から2
 休憩室に戻ると毎回の事ですが皆で自己反省モード。空気が暗いです。
 そこへ天青従業員で、過去に演奏に参加もして頂いた岩田氏が登場。
 「どうなのよ!どうなのよ!」

 空気が一気に明るくなりました。有難うございました(TдT)
 また、休憩室だけでなく、今回の練習や本番の直前に色々な合言葉が発生しました。
 とりあえず気合入れ(?)みたいなノリで皆で叫んでみたり。久々に腹がよじれる程笑った気が…
皆マジ
たまには顔見せろ石本
終わった…
 従業員の方にも励まされながらなんとか二日間の合計9回のステージを行いました。
 前回同様、各メンバーに色々課題が残りました。一番の課題は限られた時間の中でどのくらい濃い練習ができるかって事ですね…申し訳ない。
 二日目休憩中に従業員の方からお菓子をいただきました。

 あ、そうか、今日バレンタインデーか。

 鳥取さんにも皆でコンビニ行った時に買ってもらったクッキー菓子ももらいました。男ばっかの中でお疲れ様でしたー
 演奏は「大変だった」全体としては「楽しかった」本番でした。
編集:石黒

[→Back To "Event"]